消防自動車の緊急走行



    消防自動車は火災現場に向かう途中、道路交通法に定められた制限の一部が免除されています。

    ご存じのとおり緊急走行時(赤色回転灯を回し、サイレンを鳴らしての走行)、消防自動車は赤信号でも

    交差点に進入する事が出来ます。また、制限速度を超えて運転することも可能ですし、

    場合によっては反対車線を走行することも出来ます。



    ただし、これは消防自動車のみに限られます。消防自動車に続いて団員が一般車両にて火災現場に向かっていた場合、

    後続車両は赤信号で止まる必要があります。同様に制限速度や車線も守らなければなりません。

    ちなみに緊急時でも消防自動車の最高速度は一般道においては時速80Kmに制限されています。

    余談ですが、緊急時パトカーに先導された一般車両は緊急車両と同様に道路交通法の適用を除外されます。



    緊急走行時、サイレンを鳴らしていても、赤信号の交差点への進入は出来る限りスピードを落とし

    安全を確認しましょう。交差点での出会い頭の事故はよく耳にします。

    火災現場に向かう途中、事故にあっては何にもなりません。

    一般車両にて現場に向かう方も、道路交通法規を遵守し、事故のないよう心がけましょう。