1番員(自動車の部)



    1番員の最も重要な仕事は、第1線の第3ホースを正確な位置に置く事です。失敗すると全体に多大な影響を及ぼします。

    繰り返し練習して、指揮者同様減点0を目指しましょう。



    待機・集合

    集合線上の整頓において、一番員が小声で合図することは可能である。

    集合線上の整頓において、1番員は体が外側に向きがちなので、他のものに確認してもらうこと。



    乗車・下車

    乗車は駆け足にて行うこと(遅いと減点の可能性)。

    乗車時及び下車時は、必ず3点支持(両手と片足で身体を支持)を行うこと(審査員によっては安全性にて減点される場合あり)。

    乗車時、外側を走る2番員の邪魔にならないよう、なるだけポンプ車に沿って移動すること



    第一線延長

    第3ホース延長地点では必ず一旦停止し、手を下ろす。

    ホース展長後は、そのまま左足のかかとを軸に体を回し、オス金具を置く。

    筒先を結合するときは、折り目が上になるようにし(ホースの中心にあるラインが火点側)、結合させると

    ホースをのばしたときにねじれが出来にくい。

    筒先結合後は筒先を持ち替え、右足かかとを軸に身体を回転させ(左足で地面を蹴ると回りやすい)前を向くと同時に、注水姿勢をとる。

    

    第二線延長

    注水姿勢がふらつかないよう注意する。足を前後に大きく広げ、左右は開く。つま先は内股になるよう心掛ける。



    放水中止

    

    



    収納

    筒先の離脱は横目で2番員を見ながら合わせてやるとよい。